指導員の紹介

嶋田 芽久未(しまだ めぐみ)

8歳から新体操を始め、埼玉の星野高等学校進学。インターハイ・国体等への出場を経て東京女子体育大学進学。

大学時、団体選手としてユニバーシアード(国際大会)メダル獲得、全日本選手権優勝など。

新体操女子第1種審判を持っており、月・火・木・土・日すべての練習を担当。


佐々木 珠里(ささき じゅり)

6歳から新体操を始め、日体桜華高等学校進学。

現在も指導者をしながら選手として大会等に出場。

新体操女子第1種審判を持っており、土曜日Aコース、Dコースを担当。


山口 七都姫(やまぐち なつき)

4歳から新体操を始め、藤村女子中学・高等学校進学。

高体連やクラブ団体選手権など各種大会に出場し、立川フレンドシップ団体優勝など。

新体操女子第2種審判資格を取得しており、月、火、木、土、日全ての練習を担当。

 

釜澤 希莉(かまさわ きり)

5歳から新体操を始め、8歳の時に当クラブに入会。桐朋女子中学・高等学校進学。

中学時に団体にて、東京都準優勝及び、関東大会出場。

不定期ではあるが、主に月、火曜日の練習を担当。

 

倉林 千紘(くらはやし ちひろ)

藤村女子高等学校出身。

不定期で競技・チャイルドクラスを担当。